メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂

全国に広がれ 明石で集会 「気持ちキャッチできる」 /兵庫

子ども食堂について語る(左から)川辺康子さん、栗林林知絵子さん、湯浅誠さん、小河光治さん=兵庫県明石市大明石町1で、浜本年弘撮影

 子どもに食事や居場所を提供する「子ども食堂」を考える集会「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーinひょうご」が、明石市大明石町1のあかし市民広場であり、一対一で子どもに多くの時間をかける大切さや、地域の誰にでも出番がある子ども食堂の役割などについて意見が交わされた。

 明石こども食堂協議会が実行委として開催。市民ら約300人が報告や討論に耳を傾けた。討論では、NPO法人・豊島子どもWAKUWAKUネットワーク(東京都)理事長の栗林知絵子さんと、「にしなり☆こども食堂」(大阪市)を運営する川辺康子さんが取り組みを語り、法政大教授の湯浅誠さんは子ども食堂が問い掛ける課題を示した。…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです