メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園の刑事告訴を検討

松井一郎大阪府知事=幾島健太郎撮影

 大阪市の学校法人「森友学園」の小学校新設を巡る問題で、大阪府の松井一郎知事は17日、学園が学校設置認可の審査過程で虚偽の報告をした疑いがあることに対し、偽計業務妨害の疑いでの告訴を検討していることを明らかにした。松井氏は「偽造されていた可能性がある書類で我々は振り回された」と述べた。

 同学園は2014年10月に設置認可を申請。府私立学校審議会は学園提出の書類などを基に15年1月、条件付きで「認可適当」と答申したが、学園は今月10日に申請を取り下げた。学園側は審査を受けるため、府に▽校舎建設の工事請負契約書▽教職員の就任予定者名簿▽学校運営の財政計画--を提出したが、異なる額の3種類の契約書の存在が明らかになるなど虚偽報告だった疑いが出ている。

 書類を偽造した疑いが強まれば私文書偽造容疑などでの告発も検討。今後の調査結果を踏まえて告訴時期などを判断する。

 松井氏はまた、学園の籠池泰典理事長が16日、小学校新設のため安倍晋三首相から寄付を受けたと発言したことについて、府が保管している14年9月時点の寄付者名簿には首相夫妻の氏名がないことを明らかにした。籠池氏は15年9月に寄付を受けたと主張しているが、府には14年9月以降の寄付者名簿は提出されていないという。【青木純、武内彩】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公明 「裏切られた」小池氏の新党代表就任に反発
  2. 大阪府警 20代の女性職員、キャバクラで勤務 処分検討
  3. あだち充総選挙 1位は浅倉南 判別困難で誤植も…
  4. 改正刑法 女性から女性の性暴力置き去り
  5. 特集ワイド 「大義なき衆院解散」で失われるもの 議会制民主主義、本旨どこへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]