メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車保険

ビッグデータ活用 運転技術で料金差

テレマティクスのイメージ

 あいおいニッセイ同和損害保険は、自動車保険の契約者から集めた走行距離や運転実績の大量のデータ(ビッグデータ)を活用した保険サービスの開発に乗り出す。4月に滋賀大学と共同で、国内保険業界初となるビッグデータ専門の研究拠点を開設する。2017年度後半には、運転特性を評価して保険料を割り引く「テレマティクス保険」を、大手損保では初めて個人向けに発売する方針。他社の戦略にも影響を与えそうだ。【中島和哉】

 同社が滋賀大内に開設する産学連携のビッグデータ専門研究拠点は「日本セーフティソサイエティ研究センタ…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1049文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]