メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視察団の表情硬化 籠池氏「首相から寄付金」

小学校建設現場を訪れた参院予算委の視察団に説明をする学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長(中央下)=大阪府豊中市で2017年3月16日午後2時16分、望月亮一撮影

 森友学園の小学校新設計画を巡り、参院予算委員会の視察団は16日、午前中に大阪府や財務省近畿財務局の担当者らから話を聴き、午後からは学園が小学校用地として国から購入した大阪府豊中市内の計画地を視察した。

     視察団は午後2時15分ごろに到着。学園の籠池泰典理事長(辞意表明)は一礼して視察団を敷地に招き入れ、話し始めた。「安倍晋三首相からの寄付金も入っております」。視察団一行の表情が硬化したようにみえた。大勢の報道陣のほか、学園の支援者とみられる人たちも入り口に集まり「バンザイ」「頑張れ」と叫ぶ声も飛ぶ。

     視察団は校舎内部を視察し、午後2時45分ごろに日程を終えた。すぐ後、籠池氏は長男が運転する車に乗り込んだ。報道陣に車を囲まれ「学園に先生がおり、施工会社にも従業員がいる。(視察団には)それらの人たちを助けてもらいたいし、可能な限り公的資金を投入してほしいとお願いした」と語った。

     籠池氏は午後3時10分ごろに豊中市内の自宅に戻った。待ち構える記者らの問いかけには答えず無言で家の中へ。数分後、共産党の小池晃書記局長や社民党の福島瑞穂副党首ら野党議員4人が籠池氏の自宅に到着した。

     野党議員と籠池氏の面談は1時間程度で終了。午後4時半ごろ、野党議員と籠池氏は並んで門前に立った。籠池氏はこれまでの記者会見でみせた激しい口調、表情ではなく、落ち着いた様子だ。民進党の今井雅人氏は「国側と食い違っていることがたくさんある。国会で明らかにしてもらいたい」と話した。

     参院予算委の視察団は午前中に学校設置認可申請を審査した大阪府、国有地売買にかかわった財務局などに事情を聴いた。府庁では学園の小学校設置認可申請を「認可適当」とした経緯を調べた。福山哲郎氏(民進)は「政治家の働き掛けはあったか」と質問。橋本正司私学監は「なかった」と答えた。近畿財務局の担当者は、報道で今回の問題が発覚した2月8日以降、学園の籠池氏と面会したことを明らかにしたが、日時や回数などは説明しなかった。【津久井達、藤顕一郎、遠藤浩二】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 夫人の言葉詳細に…籠池氏、追及に恨み言連ね
    2. 森友学園 籠池氏「2人の時、昭恵夫人から100万円」
    3. 森本学園 籠池氏「とかげのしっぽ切りやめて」 証人喚問詳報(1)
    4. 交通事故 歩行中死傷、7歳が突出…自転車は16歳が最多
    5. 森友学園 昭恵さん、籠池氏夫人にメール 16日「幸運を祈ります」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]