メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

糸谷八段、文学修士に 阪大院でハイデッガー研究

糸谷哲郎八段=2017年1月19日、新土居仁昌撮影

 将棋の糸谷哲郎(いとだに・てつろう)八段(28)が大阪大学大学院文学研究科博士前期課程を修了した。22日の卒業式で修士(文学)の学位を授与される。北陸先端科学技術大学院大学の教授を務めている飯田弘之六段(引退)が東京農工大で工学博士を取得した例はあるが、タイトル獲得歴のあるトップ棋士が修士以上の学位を授与されるのは初めて。

 糸谷八段は高校3年でプロになり、プロ入り後、大阪大学文学部に合格。卒業後の2011年、大学院に進み…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三重県内で新たに4人のはしか感染を確認 宗教団体、HPで謝罪
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  4. インフルエンザで小学生男児死亡 長野
  5. ゾゾへの出品中止相次ぐ アパレル大手、値引きに反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです