メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

糸谷八段、文学修士に 阪大院でハイデッガー研究

糸谷哲郎八段=2017年1月19日、新土居仁昌撮影

 将棋の糸谷哲郎(いとだに・てつろう)八段(28)が大阪大学大学院文学研究科博士前期課程を修了した。22日の卒業式で修士(文学)の学位を授与される。北陸先端科学技術大学院大学の教授を務めている飯田弘之六段(引退)が東京農工大で工学博士を取得した例はあるが、タイトル獲得歴のあるトップ棋士が修士以上の学位を授与されるのは初めて。

 糸谷八段は高校3年でプロになり、プロ入り後、大阪大学文学部に合格。卒業後の2011年、大学院に進みドイツの哲学者ハイデッガーを研究した。修士論文「現存在と存在者の関わり」は、ハイデッガー研究者の米国人哲学者、ヒューバート・ドレイファスの存在論をテーマにした。

 糸谷八段は日本将棋連盟関西本部所属で、若手強豪の一人。14年には初挑戦で「竜王」のタイトルを獲得した。糸谷八段は「修士を取得するまで6年もかかったので、達成感というより、ほっとした気分が強い。将棋に役立ったかと言えば、リフレッシュ効果はあった。今後は将棋に専念するが、将来チャンスがあれば学びを深めたい」と話している。

 なお、卒業式は対局があるため欠席するという。【新土居仁昌】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 自民、安倍昭恵夫人のメール文面公表
  2. 森友学園 不満ぶちまけ籠池節 「私人の喚問異常」 記者会見、厳しい質問かわす
  3. 安倍昭恵夫人 北九州の講演会で涙「お騒がせしています」
  4. 自民・石破氏 「首相夫人がきちんと真実を述べる場を」
  5. 大相撲春場所 止められず土俵転落…稀勢初黒星、肩負傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]