メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪グレートバリアリーフ、完全回復は絶望的=研究

 3月16日、オーストラリアの海洋学者らが、昨年白化現象で大規模な被害の出たグレートバリアリーフ北部のサンゴ礁について、海水温上昇に伴い今後はより頻繁に白化が起きる可能性があることを考慮すると、回復は絶望的との研究を発表した。写真は2月撮影の提供写真(2017年 ロイター/Greenpeace/Brett Monroe Garner)

 [シドニー 16日 ロイター] - オーストラリアの海洋学者らが、昨年白化現象で大規模な被害の出たグレートバリアリーフ北部のサンゴ礁について、海水温上昇に伴い今後はより頻繁に白化が起きる可能性があることを考慮すると、回復は絶望的との研究を発表した。被害を免れた部分も、完全に健全な状態への回復は望めない見通しという。

     昨年には季節外れの海水温上昇が見られ、グレートバリアリーフ(全長700キロ)の3分の2が白化現象により死滅、グレートバリアリーフでの記録としては過去最悪の被害となった。

     オーストラリア海洋科学研究所のジャニス・ロー主任研究員はロイターに「時間をかければ回復が可能だが、白化現象が繰り返されることが問題。その間隔が縮まると、サンゴ礁の回復力が急速に衰える」と述べた。

     2013年の報告では、グレートバリアリーフの観光収入は年間52億豪ドル(約4500億円)に上っており、今回の研究結果はオーストラリアの観光産業にとって大きな打撃になるとみられている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ドクさん 広島で客員教授に
    2. 絶滅種 ニホンカワウソ 2009年に目撃情報
    3. 大リーグ カブス、川崎を解雇
    4. 森友学園 森友と首相「関係ある」 松井・大阪知事
    5. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]