メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「基地があれば戦場に」訴え 沖縄の現状描く 「標的の島 風(かじ)かたか」25日公開

三上智恵監督=福永方人撮影

 沖縄の反基地運動を追ったドキュメンタリー映画を撮り続ける三上智恵監督(52)の新作「標的の島 風(かじ)かたか」が25日から公開される。米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議行動が続く東村高江地区のほか、自衛隊配備が計画されている宮古島、石垣島など離島の現状も描いた。「基地があれば有事の時は標的にされ、戦場になってしまう」。三上さんは72年前の沖縄戦の教訓が生かされていないと訴える。

 映画は昨年6月に那覇市で開かれた、米軍属による女性暴行殺害事件の被害者を追悼する県民大会から始まる…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文746文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. けいざい・因数分解 1300万円 ゆうちょ銀預け入れ限度額引き上げ 中小金融機関が警戒
  4. 東京 狛江セクハラ疑惑で組合「加害者は市長、複数相談」
  5. 自民・船田氏 「首相3選、赤信号に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]