メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞・春の夕刊新紙面 知と美の探求はじまりの4月

 春から夕刊が装いも新たにスタートします。読み応えあり。ご期待ください。

    「瀬戸山隆三の球界ウラ話」(土曜月1回)

     プロ野球の3球団でフロントマンを務めた瀬戸山さんが、歩みを振り返りながら球界に提言します。

    「銀シャリの しゃシャリでてすみません」(第2土曜)

     M-1王者・銀シャリの橋本直さんが日々の疑問に華麗にツッコみ、鰻和弘さんが天然ボケの味わい深い絵で応酬します。

    「この空の下で それぞれの移住物語」(月曜月1回)

     Iターンなどで地方に移住した人はどう生計を立て、地域に根付き、理想の暮らしを求めているのでしょう。その姿を追います。

    「関西発 はじまりの物語」(月曜月1回)

     関西に源流を持ち、世界に飛躍した企業やヒット商品は、どのようにして生まれ、育ったのか。はじまりをひもときます。

    「知の探求者たち」(木曜随時)

     今年で創立30周年の国際日本文化研究センター(京都市)と創立40周年の国立民族学博物館(大阪府吹田市)。西日本を代表する知の殿堂の歩みをたどり、研究者を紹介します。

    「美の庭」(水曜月1回)

     芸術家のアトリエや音楽家の稽古(けいこ)場など、創作の現場を訪問。作品が生まれる過程に焦点をあてて紹介します。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南スーダン ウガンダ国境 「運命の橋」救い求め 陸自部隊、近く完全撤収
    2. ドキュメント 保育所のリアル/3 女性活躍?壁、壁、壁
    3. 雑記帳 世界有数の小麦研究機関で知られる横浜市立大の…
    4. バレーボール プロ化構想検討継続 来年4月末まで
    5. 動画広告 「ワンオペ育児」ユニ・チャーム論争の的に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]