メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

三つの「風かたか」沖縄に迫る 全国公開へ

 沖縄の反基地運動を追ったドキュメンタリー映画を撮り続ける三上智恵監督(52)の新作「標的の島 風(かじ)かたか」が25日から公開される。米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議行動が続く東村高江地区のほか、自衛隊配備が計画されている宮古島、石垣島など離島の現状も描いた。「基地があれば有事の時は標的にされ、戦場になってしまう」。三上さんは72年前の沖縄戦の教訓が生かされていないと訴える。

 映画は昨年6月に那覇市で開かれた、米軍属による女性暴行殺害事件の被害者を追悼する県民大会から始まる…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文772文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです