メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栄光のフィルム

/5止 両親がスタッフ、感謝の涙 信念貫き、次なる挑戦へ /栃木

 あの日、人生で初めてうれし泣きした。昨年11月3日、東京都内で開かれた第29回東京国際映画祭の授賞式。映画監督の渡辺紘文さん(34)=大田原市=は、まばゆいばかりのカメラのフラッシュ、歓声に包まれていた。

 自主製作映画を集めた「日本映画スプラッシュ部門」で、渡辺さんが監督を務めた「プールサイドマン」は作品賞に輝き、弟の雄司さん(31)と一緒にステージに向かった。

 トロフィーを受け取って客席を見ると、そこには満面の笑みを浮かべた父秀樹さん(63)と母あけみさん(…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1015文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです