メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

物理学者の福島6年=青野由利

 <do-ki>

 今月東大を定年退職する早野龍五さんの最終講義は、講堂から人があふれていた。物理学者に加え、コピーライターの糸井重里さん、福島県の市長ら、聴講者の顔ぶれも超多彩。

 タイトルは「CERNと20年福島と6年-311号室を去るにあたって」。理学部の311号室とスイスのCERN(欧州合同原子核研究所)を行き来して反物質の国際実験チームを率いてきた生活が、震災で一変した。

 被ばくについてツイッターでつぶやくとフォロワー数が突然15万に。そこから始まる活動は、今聞いても冒…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文998文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. のんさん 殺害予告容疑 北海道の47歳男逮捕
  2. セクハラ疑惑 財務次官辞任 「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束
  3. 新潟 米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」
  4. ひき逃げ容疑 31歳男逮捕 男性をはね死亡させる 福岡
  5. 霧島連山 硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]