メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難者訴訟 原告、笑顔なき勝訴 識者の話

社会の動き踏まえた判断 原発事故を研究する元検事の古川元晴弁護士の話

 事故が起きれば極めて広範な被害を引き起こす原子力産業と、これを規制する国の両方について、実質的に高度の注意義務が課されていることを認めた判決だ。国民の意識や、社会の動きを素直に認め、被害者救済のために常識的に判断した結果であり、高く評価したい。特に重要なのは、政府が出した「長期評価」を適切な予測であると認めた上で「考慮しなければならない合理的なもの」と判示した点。過去の地震の発生例などにとらわれず、合理的に根拠のある予測ならば予見義務を認めるとの考え方で、原発に対しては当然の判断と言える。画期的な判決が最初に出たことも、今後の裁判に影響するだろう。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです