メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモン捕まえて 「天空のひらパー島」開催中

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     春シーズン開催中のひらかたパーク(大阪府枚方市)で、園内全域を舞台にした「ポケモン フライヤー~天空のひらパー島~」が始まりました。

     ゲームをはじめ、漫画、アニメでも世界中で人気のポケットモンスター(ポケモン)。参加者は園内に点在するポイントを巡って必要なアイテムを集め、ポケモンフライヤー(観覧車)に乗り込み「天空のひらパー島」へ。より多くのポケモンを捕まえるため、アイテムを「探す」「集める」というポケモンの魅力満載のダイナミックな参加型イベントです。

     イベントホールでは、突起物のついた壁を登る「ボルダリング」をしながら、隠れているポケモンを見つけ出す「ポケダリングAR」や大きな風船の中で遊べる「ピカチュウふわふわ」なども同時開催。イベント限定品やポケモングッズを販売するグッズショップも登場します。ぜひ家族でお楽しみください。

     <会期>6月25日(日)まで※休園日があります。入園は10~17時(土、日曜、祝日と20日~4月7日、5月1、2日は18時、同3~7日は19時まで)<入園料>大人(中学生以上)1400円、こども(2歳以上)800円<ポケモンフライヤー参加料>800円(観覧車1回利用料を含む)<問い合わせ>ひらかたパーク(大阪府枚方市枚方公園町、072・844・3475、京阪枚方公園駅から徒歩約3分)

     主催 毎日新聞社、京阪電車

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
    3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
    4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]