メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再調査でも有害物質・最大100倍ベンゼン

報道陣に公開された豊洲市場地下水モニタリング再調査作業の中で、くみ上げられた地下水=東京都江東区で2017年2月7日午前10時45分、竹内紀臣撮影

 東京都の豊洲市場(江東区)の地下水再調査で、国の環境基準値の最大100倍のベンゼンが検出されたことが分かった。19日に開かれる外部有識者の「専門家会議」で詳細が公表される。小池百合子知事は難しい移転判断を迫られそうだ。

 都は市場敷地内201カ所で地下水モニタリングを実施。1回目から7回目までは全地点で基準値を下回ったが、8回目は3カ所で基準値をわずかに超えるベンゼンとヒ素が初めて検出された。今年1月に「暫定値」として公表された9回目の調査では、最大79倍のベンゼンが検出されるなど、計72カ所で基準値を超えていた。

 都は1月30日から、基準値を超えた地点を中心に29カ所で再調査を実施していた。【川畑さおり、柳澤一男】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
  2. 衆院選 自民・小泉氏「安倍政権への国民の飽きを感じた」
  3. 衆院選 安倍チルドレン「魔の2回生」厳しい地元
  4. 衆院選 「小池ファーストなだけ」 都民フ支持者そっぽ
  5. 衆院選 希望失速 落選恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]