メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2万2000人診断 日本精神神経学会調査

 心と体の性が一致しない性同一性障害(GID)で国内の医療機関を受診し、診断された人が、2015年末までに延べ約2万2000人に上ったとの調査結果を日本精神神経学会GID委員会が18日までにまとめた。

 同委員会の針間克己医師らが、札幌市で同日始まったGID学会総会で調査結果を公表。GID当事者は国内に数万人いるとされるが、受診者数で改めて裏付けられた形だ。専門家は「児童、生徒や高齢者ら医療機関を受診できない人もいる。実際の当事者数はさらに多い」と指摘している。

 針間氏らは、GID当事者が受診しているとみられる各地の26医療機関にアンケートを実施。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッター 年齢制限17歳以上に 4歳から
  2. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ
  3. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…
  4. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
  5. 大阪市営地下鉄 民営化の議案可決 18年4月に移行へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]