メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車事故を擬似体験 仮想システム開発

ゴーグルを着けて自転車事故の仮想体験をする中学生=大阪市中央区で2017年3月17日、久野洋撮影

 NTT西日本は17日、大阪府警と協力し、仮想現実(VR)技術を使って自転車事故を擬似体験するシステムを開発したと発表した。発生件数の多い事故の状況を再現して事故の怖さや安全確認の大切さを伝え、事故防止につなげる狙い。今後1年間、府内の中学や高校での交通安全教室で試験的に導入し、効果を確かめて普及させたい考えだ。

     スマートフォンを装着した専用のゴーグルとヘッドホンを着けると、自転車に乗った目線で道路や街並みが目の前に広がり、首を動かすと左右や後ろを見渡せる。事故状況は出合い頭の衝突など3パターン。首の動きを検知して道路標識などを見逃していないか確認し、採点できる約10分間の映像もある。

     従来はスタントマンによる実演やビデオ教材で指導してきたが、NTT西日本の担当者は「VRなら場所を選ばず、事故の危険性について効果的に学べる」と話した。

     この日、大阪市中央区の府警本部に府内の中学生を招き、体験会を開いた。車とぶつかる場面で「うわーっ」と叫び声を上げる生徒もいた。大阪府藤井寺市立藤井寺中3年の白方美羽さん(15)は「映像がリアルで、事故の怖さを感じた」と話していた。【久野洋】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「オタ芸」訴訟 男性の控訴棄却「鑑賞の仕方はさまざま」
    2. 二階幹事長 「失言は仕事だから」
    3. 桑原武夫蔵書 遺族に無断で1万冊廃棄 京都市が謝罪
    4. 地震動予測地図 関東~四国で高い確率継続…震度6弱以上
    5. 18歳のリスク ローンカード契約 だまされ120万円、即日借金

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]