メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

外反母趾と狭窄症、関係は=答える人・町田英一医師(高田馬場病院・整形外科)

Q 外反母趾と狭窄症、関係は

 1年前から右足が痛み、外反母趾(ぼし)とハンマートウと診断されました。脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症であることも分かりましたが、外反母趾と関係があるのでしょうか。(神戸市、女性、75歳)

A 痛みが強まることも

 外反母趾は女性に圧倒的に多く、遺伝要因があるといわれます。靴の不具合や筋肉のバランス、運動不足など環境要因も影響します。腰部脊柱管狭窄症では腰より足の痛みが先に出ることが多く、外反母趾もある場合、軽度でも痛みが強まることがあります。逆に外反母趾だからといって、脊柱管狭窄症になるわけではありません。

 外反母趾になると親指だけでなく、足の裏や甲など構造が立体的に変化します。土踏まずのくぼみがなくなり…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文892文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]