メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

外反母趾と狭窄症、関係は=答える人・町田英一医師(高田馬場病院・整形外科)

Q 外反母趾と狭窄症、関係は

 1年前から右足が痛み、外反母趾(ぼし)とハンマートウと診断されました。脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症であることも分かりましたが、外反母趾と関係があるのでしょうか。(神戸市、女性、75歳)

A 痛みが強まることも

 外反母趾は女性に圧倒的に多く、遺伝要因があるといわれます。靴の不具合や筋肉のバランス、運動不足など環境要因も影響します。腰部脊柱管狭窄症では腰より足の痛みが先に出ることが多く、外反母趾もある場合、軽度でも痛みが強まることがあります。逆に外反母趾だからといって、脊柱管狭窄症になるわけではありません。

 外反母趾になると親指だけでなく、足の裏や甲など構造が立体的に変化します。土踏まずのくぼみがなくなり…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. くらしナビ・学ぶ @大学 「中根」の目・データが語る 女子の医学部合格者比率が高い1位 島根大
  5. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです