メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4通り目の新ポーズ披露

 滋賀県彦根市で18日、国宝・彦根城築城410年祭の開幕式があり、これまで3通りしかなかった市のマスコット「ひこにゃん」の新ポーズが披露された。

     ネックだった著作権問題が決着し、市が原作者にイラストの新案を発注していた。新作は無表情だった従来の3作から一転し、笑顔でバンザイする姿で、この日は陣羽織姿もパネル公開された。

     祭りは12月10日まで続き、国宝「彦根屏風(びょうぶ)」の公開や現代アート展の開催を予定。主催の祭推進委は、新イラストでグッズ販売や集客の増加を期待するが、破顔一笑となるか。【西村浩一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制わいせつ容疑 小学校キャンプ見守り役の男逮捕 福岡
    2. 仙台市長選 国政が直撃 敗れた与党陣営、恨み節
    3. アニメ 「忍たま乱太郎」ファン300人聖地巡り 尼崎
    4. クローズアップ2017 内閣支持率26% 危険水域、政権に衝撃 改憲日程に影響も
    5. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]