メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発

1号機にロボット投入、溶融燃料確認へ

福島第1原発1号機の原子炉格納容器の内部を走行する調査用ロボット=2017年3月18日、国際廃炉研究開発機構提供

 東京電力は18日、福島第1原発1号機で、調査用ロボットを原子炉格納容器内に投入した。4日間かけて、東日本大震災による事故で溶け落ちた核燃料(溶融燃料)の初確認を目指す。

     当初は14日に投入予定だったが、準備中にロボットの動作を確認するカメラが故障し、中断していた。投入したのは、遠隔操作する「ワカサギ釣り型ロボット」。1号機では、格納容器下部の水中に溶融燃料が広がっているとみられ、ロボットは足場の隙間(すきま)から線量計やカメラが付いた機器を垂らして、水中を調べる。【柳楽未来】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    4. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
    5. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]