メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自5人を一時拘束 政府軍「誤解」

ジュバの位置

 防衛省は18日、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣されている陸上自衛隊部隊の隊員5人が首都ジュバで南スーダン政府軍兵士に一時拘束されたと発表した。隊員は約1時間後に解放され、けがはなかった。政府軍兵士が武器取り締まりのため尋問し、連行したが、南スーダン政府は「一部兵士の誤解だった」と日本大使の抗議に対して謝罪した。

 政府軍兵士に陸自隊員が連行されるのは部隊派遣が始まった2012年1月以降、初めて。日本政府は陸自部隊約350人の5月末めどの撤収を10日に表明し、「治安悪化が理由ではない」としているが、南スーダンの不安定な治安情勢が浮き彫りになった。

 同省によると、現地時間の18日午前10時(日本時間午後4時)ごろ、ジュバにある陸自宿営地から南に約1・5キロの道路沿いの商店で、日の丸が付いた迷彩服姿の隊員5人が衣料品を調達していると、政府軍兵士2人から「武器取り締まりをしている」と尋問を受けた。隊員は護身用の銃器を持っていたが、一時、没収された。

 隊員は武器携行の正当性を説明したとみられるが、北に約4キロ離れた道路沿いの、取り締まった武器の集積場になっている広場に連行された。その際の移動は自衛隊車両が使われ、政府軍兵士の指示で隊員が運転した。

 連絡を受けた日本大使館が政府軍と協議し、約1時間後の同11時ごろに解放された。

 南スーダン政府と政府軍からは「国連派遣部隊が武器取り締まりの対象に入っていないことを2人の兵士が認識しておらず誤解だった。兵士を規則違反で処分する」との謝罪があった。

 陸自部隊が情勢を報告した日報でも昨夏の段階で、政府軍からのハラスメント(嫌がらせ)に注意する旨の記載があった。政府軍は昨年7月に反政府勢力と大規模な衝突を起こす中で民間人に危害を加えるなど「統制が乱れている」と指摘されていた。【町田徳丈】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
  2. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
  3. ゴキブリ 繁殖に雄いらず 雌3匹以上で単為生殖促進
  4. 建材落下 兵庫県警本部庁舎から、けが人なし
  5. イノシシ襲撃 商業施設で5人けが 高松

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]