メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「鉄人」衣笠祥雄さん死去 広島で活躍 71歳
J1

神戸・大森が値千金の決勝ゴール

 ○神戸1-0磐田●(ノエスタ・18日)

     1人、2人と足を投げ出し、シュートコースを防ぐ磐田ディフェンスに対し、神戸の大森はタイミングをずらし、右足を振り抜いた。後半1分、値千金の決勝ゴール。「相手が飛び込んでくるのが分かっていたので、うまくかわせた」。ガ大阪から移籍して2試合連続得点。開幕からの連勝も4に伸ばし、クラブ記録を更新した。

     前半から主導権を握ってパスを回すが、決定機が少なかった。ネルシーニョ監督から「(相手を)崩す仕掛けが足りない」と叱咤(しった)されて臨んだ後半、ウエスクレイの右サイドから中央へのパスを藤田がミドルシュート。渡辺に当たったこぼれ球を大森が決めた。セットプレーでなく、流れの中できっちり奪った得点に好調さが表れていた。

     かつての神戸は堅守速攻を掲げながらも個々の能力で劣り、J1で下位の常連だった。だが、就任3年目となったネルシーニョ監督の下、人数をかけた攻撃スタイルも浸透。毎年のように他クラブの有力選手を獲得して体質も変えた。昨年は第2ステージで2位まで躍進。その勢いを持続し、大森も「(チームで)自信がついている」と語る。

     とはいえ、4連勝の相手はJ1復帰組や昨季の下位チーム。次戦(4月1日)は昨季の年間勝ち点トップの浦和と対戦する。この力が本物か、試金石の一戦となる。【新井隆一】

    難易度の高いゲームだった

     神戸・ネルシーニョ監督 難易度の高いゲームだった。前半は後ろで(球を)回し過ぎた。後半はいい時間帯で点が取れた。

    問題は点が取れていないこと

     磐田・名波監督 前半は自陣に閉じこもるサッカーになった。問題は4試合のうち3試合が完封されて、点が取れていないこと。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞
    2. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    3. はしか感染 愛知で相次ぎ確認
    4. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    5. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]