メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふじのくに通信

単身生活の気づき /静岡

 「媒体の読み方を扱った書籍として、異例の売れ行き」と筑摩書房の吉沢麻衣子さんは話す。その書籍とは、静岡高OBで明治大教授の斎藤孝さんの近著「新聞力」(ちくまプリマー新書、842円)。昨秋に出版され、発行部数は早くも3刷の1万5000部に達した。

 本書によると、斎藤さんは父親が会社を経営していた関係で、かつて5紙を購読していた。新聞は「文章力」「用語力」だけでなく、「社会力」「スピーチ力」を養い、さらに各紙を読み比べれば「バランス力」を得られると推奨する。また、戦後の日本が奇跡といわれる繁栄を成し遂げたのは、私たちが新聞を読み、知識と教養を身につけたことが大きいと分析。新聞の利点として、さまざまなテーマを扱い「航空図のように一覧…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文797文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです