メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

社員事情に柔軟、会社も成長

打ち合わせをする栢孝文社長(右)と花岡大樹さん=東京都大田区のシグナルトークで

 <くらしナビ ライフスタイル>

 企業が個人のライフスタイルに応じた勤務条件を提供する動きがある。社外や少ない日数の勤務を認めたり、副業を自由化したりする。人手不足のなか、時間や場所に制約のある人材を生かし、自社の成長につなげようとする機運が出てきた。

 起床したらカフェに行って仕事し、今日はこれぐらいかなと思えば切り上げて自分の時間を過ごす。ゲーム開発会社シグナルトーク(東京)のプログラマー、花岡大樹さん(36)は「自分に合う働き方が実現できている」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです