メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

「早期対応」不登校減らそう 埼玉・熊谷市の取り組み

不登校リスクのある生徒を確認する富士見中学校の教諭ら=埼玉県熊谷市で、伊澤拓也撮影

 新学年に進む準備期間と位置づけられる春休みが終われば、小中高校は新学期がスタートする。休み明けは学校に通えなくなる不登校が増えると言われており、教員が児童・生徒の欠席に神経をとがらせる時期でもある。2015年度の文部科学省の調査では不登校の小学生は過去最多になった。不登校を減らす取り組みは各地で進められているが、埼玉県熊谷市では「早期対応」をキーワードに独自の対策を講じ、成果も出始めている。

この記事は有料記事です。

残り2179文字(全文2377文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 皇室 愛子さま、短期留学で英国へ 8月9日に帰国
  5. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]