メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

「早期対応」不登校減らそう 埼玉・熊谷市の取り組み

不登校リスクのある生徒を確認する富士見中学校の教諭ら=埼玉県熊谷市で、伊澤拓也撮影

 新学年に進む準備期間と位置づけられる春休みが終われば、小中高校は新学期がスタートする。休み明けは学校に通えなくなる不登校が増えると言われており、教員が児童・生徒の欠席に神経をとがらせる時期でもある。2015年度の文部科学省の調査では不登校の小学生は過去最多になった。不登校を減らす取り組みは各地で進められているが、埼玉県熊谷市では「早期対応」をキーワードに独自の対策を講じ、成果も出始めている。

この記事は有料記事です。

残り2179文字(全文2377文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです