メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

「早期対応」不登校減らそう 埼玉・熊谷市の取り組み

不登校リスクのある生徒を確認する富士見中学校の教諭ら=埼玉県熊谷市で、伊澤拓也撮影

 新学年に進む準備期間と位置づけられる春休みが終われば、小中高校は新学期がスタートする。休み明けは学校に通えなくなる不登校が増えると言われており、教員が児童・生徒の欠席に神経をとがらせる時期でもある。2015年度の文部科学省の調査では不登校の小学生は過去最多になった。不登校を減らす取り組みは各地で進められているが、埼玉県熊谷市では「早期対応」をキーワードに独自の対策を講じ、成果も出始めている。

この記事は有料記事です。

残り2179文字(全文2377文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. ローマ・カトリック教会 前田大司教を枢機卿に任命
  3. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 旧優生保護法 強制不妊、妻に言えず 提訴の男性「人生返して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]