メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週のおすすめ紙面 くらしナビ/くらしナビ/南光の『偏愛』上方芸能

 ◆くらしナビ

    「金岡新聞」フィナーレ 21日・火曜日

     和歌山市の小学生が発行する手製の新聞をもっと多くの読者に読んでもらおうと、2013年1月から月2回掲載してきた「金岡新聞毎日版」。今春、筆者の金岡陸さん(15)が智弁学園和歌山高校に入学するのを機に、ひとまず連載にピリオドを打つことになりました。この4年間の「金岡新聞毎日版」の軌跡と、4月からは高校生になる陸さんの成長ぶりをたどります。

     ◆くらしナビ

    健康狂想曲 23日・木曜日

     仕事が多忙で不規則な食生活を強いられている女性たちにとって、各種ビタミンを配合したサプリメントは身近な存在。「手軽なので、つい摂取してしまう」と日常食のようになっている実態もあります。専門家は「通常の食事をしていれば、ビタミン欠乏症が起きることはまれ。むしろサプリメントの取り過ぎで健康被害を招く恐れがある」と警鐘を鳴らします。

     ◆南光の『偏愛』上方芸能

    狂言の「わわしい女」 25日・土曜日 文化面

     落語家の桂南光さんをナビゲーターに、上方芸能の魅力を探る「南光の『偏愛』上方芸能」。今月のテーマは「わわしい女」です。庶民の世界を描いた笑いの芸能・狂言に登場するのは、おしとやかでも物静かでもなく、しっかり者で口うるさい女たち。京都の狂言師、茂山あきらさんを訪ねた南光さんが、時代を超えて共感を呼ぶ、たくましい女たちの魅力に迫ります。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中国 飛行機エンジンに「おさい銭」 乗客「安全祈願」5時間遅れ 上海
    2. 中国 エンジンへ硬貨まいて離陸5時間遅れ
    3. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
    4. 自衛隊発言 稲田氏、軽さ露呈 安易な「政治利用」
    5. ORICON NEWS “ひふみん”、現役引退までを追うドキュメンタリー放送

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]