メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代ファラオの巨像発見…カイロで、頭部と胸部

エジプト・カイロで、地上に引き上げられた古代ファラオの巨像の胸部=共同

 エジプトとドイツの考古学チームが18日までにエジプトの首都カイロで、古代ファラオ(王)の巨像の頭部と胸部を発見した。ケイ岩製で、全体像は推定約9メートル。考古省は第3中間期のプサメティコス1世(紀元前664~同610年)の可能性が高いとしている。

     見つかったのは労働者が多く暮らす住宅街マタリーヤ地区で、古代の太陽神信仰の中心地、ヘリオポリスの一部。新王国時代の紀元前13世紀に在位したラムセス2世の神殿跡が確認されている場所でもあり、巨像は当初ラムセス2世のものと考えられたが、胸部にプサメティコス1世の名前を示す象形文字があった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友問題 「首相が火に油」維新・松井氏が言及
    2. 宮内庁 陛下退位後の住まい、東宮御所を検討
    3. サッカー日本代表 今野「折れていないと信じてたけど……」骨折判明にショック隠せず(スポニチ)
    4. 暴行無罪 目撃証言でっちあげ、LINEで浮上
    5. 森友学園 昭恵氏証言、市民も「必要」 100人の約8割 「反論は国会で」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]