メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型エンジン実験…ICBM用か

 【ソウル米村耕一】北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、北西部・平安北道東倉里(ピョンアンプクドトンチャンリ)の「西海(ソヘ)衛星発射場」で、新型高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験に成功したと報じた。視察した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は「今日の巨大な成功がどんな意義を持つのかを、全世界はすぐに見ることになる」と指摘しており何らかの新型ミサイルに使用するエンジンとみられる。

     実験は18日に行われたと見られる。この日はティラーソン米国務長官が日韓に続き中国を訪問している。北朝鮮としてはミサイル開発の継続や技術向上を発信して、トランプ米政権の軍事的選択肢も排除しない圧力強化策をけん制する意図もあると見られる。

     金委員長は実験に関し「宇宙開発分野で、世界的水準の衛星運搬能力と肩を並べる科学技術的土台ができた」とも強調した。

     北朝鮮の「衛星打ち上げ」は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発の一環として進められており、今回のエンジンが新型ICBMの用途として開発が進められている可能性もある。

     ミサイルに詳しい韓国・慶南大極東問題研究所の金東葉(キム・ドンヨプ)教授は北朝鮮が公表した写真などから「外装を施せばICBMの1段目が完成する状態とみられる」と指摘した。

     金委員長は今年1月の「新年の辞」で「ICBMの発射実験は最終段階にある」と述べている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 「学校に行け」が忘れられない=回答者・ヤマザキマリ
    2. 仮面ライダー 新作は「ビルド」 主人公は史上最高IQの天才物理学者 9月スタート
    3. 加計問題 首相「混同して」 閣僚、元秘書官「記憶が…」
    4. 相模原の障害者施設殺傷 事件1年 19人、生きた証し
    5. コトバ解説 「給与」と「給料」の違い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]