メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定員大幅超過…認定取り消しへ 兵庫・姫路

定員超過などが発覚した私立認定こども園「わんずまざー保育園」=兵庫県姫路市飾磨区加茂で2017年3月19日午前10時21分、加藤敦久撮影
特別監査当日に認定こども園「わんずまざー保育園」の2歳児に出されていた給食。おかずはカレースプーン1杯分しかない=兵庫県姫路市飾磨区加茂の同園で2017年2月23日午前11時51分、同市提供

 46人の定員を22人超える園児68人を受け入れ給食なども劣悪だったとして、兵庫県姫路市内の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)の認定を月内に取り消す方向で、県と市が協議していることが分かった。市によると、取り消されれば2015年4月の子ども・子育て支援新制度後では全国初という。

 園は03年11月に認可外保育施設として設立された。15年3月に県の認定を受け、4月からは年間5000万円の公費が運営に充てられている。

 市によると、県と市が先月抜き打ちで特別監査したところ、定員外の22人を市に隠して受け入れていた。市を通すべき契約を保護者と独自に結んで2万~4万円の料金を設定、収入は簿外にして園長がプールしていた。

 また、監査当日の給食は、一時保育を含めた園児73人に対し42人分しか用意せず、おかずがカレースプーン1杯程度の幼児もいた。余った給食を冷凍・冷蔵して後日使ったり、園児が約40人の土曜に10食分で賄ったりしたこともあった。こども園認定以来、こうした給食が常態化していたと市はみている。

 さらに、給付金を満額受け取るため保育士を3人水増し報告▽保護者が顔を出す時間帯以外に暖房を停止▽防犯訓練を定期的に実施していると市に虚偽報告--していたことも判明した。子ども・子育て支援法や認定こども園法に違反しており、市や県は公費の一部返還請求も検討している。

 市の指摘を小幡園長はおおむね認め、「園児の定員超過は保護者の要望に応えたかったため」と釈明したという。【加藤敦久】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今村復興相辞任 「東北で良かった」逆手に応援の投稿
  2. 今村復興相辞任 「ご迷惑かけた」辞表提出後の発言・全文
  3. 今村復興相 「東北でよかった」発言と記者団への一問一答
  4. 今村復興相辞任 記者の質問に消え入るような語尾で…
  5. 今村復興相 失言引責、辞任 首相「任命責任は私」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]