メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発

1号機の格納容器内で毎時1.5シーベルト

原子炉格納容器内の汚染水の水中写真。さび付いたバルブや配管が写っていた=福島第1原発1号機で、東電提供

 東京電力は19日、福島第1原発1号機の原子炉格納容器内にロボットを投入した結果、容器底部の汚染水中で毎時1.5シーベルトの放射線量を観測したと発表した。これまでに建屋内で採取された汚染水の線量より10倍以上高く、東電は溶け落ちた核燃料(溶融燃料)との関連を調べている。21日まで調査し、溶融燃料の初確認を目指す。

     東電は18日に、走行用ベルトで動く「ワカサギ釣り型ロボット」を投入。格子状の作業用足場の隙間(すきま)からカメラや線量計がついたワイヤを垂らして、容器底部から約1メートル上の水中の様子を調べた。

     公開された写真には、さび付いたバルブや配管などが写っていたが、溶融燃料を確認できたかどうかについて、東電は「現時点では判断できない」としている。1号機では、大半の溶融燃料が容器底部の水中にあるとみられている。【柳楽未来】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. リニア不正受注 大手ゼネコン一斉捜索へ 大林以外3社も
    2. 加熱式たばこ 屋内規制か 国と都の対応異なる可能性
    3. キャンパる 進む短大統廃合、なぜ? 19年度募集停止の「青短」学長に聞く
    4. ハイキュー!! 岩手県軽米町モデル ファンが聖地巡礼
    5. リニア大林組捜索 業界に衝撃 工費9兆円、巨大な利権

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]