メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石巻で起工式…20年度完成

 東日本大震災の犠牲者を追悼し、被災の記憶を後世に伝える「石巻南浜津波復興祈念公園」の起工式が19日、宮城県石巻市南浜町であった。国と県、市が整備し、完成は2020年度の予定。

     建設地は石巻市中心部に近い門脇(かどのわき)・南浜地区の約40ヘクタール。両地区では、住民4253人のうち505人が津波と火災で死亡・不明となった。公園の中心部に、3000人規模の式典が開ける「追悼の広場」、周囲に住民が集える複数の広場を整備。地震、津波、火災すべての被災の痕跡を残し、震災遺構として部分保存される旧門脇小校舎を北側に望む。

     この日は、建設地近くの「新門脇地区」で「まちびらき」もあった。津波で南浜地区にいた妹(当時67歳)と別の場所にいた長男(同51歳)を亡くした女性(81)は「何もなくなったここに来ると胸がいっぱいになる。公園が完成し、昔のようにみんなで集える場所になってもらえたら」と話した。【百武信幸】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    2. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    3. 特別防衛監察 日報「公文書でない」…隠蔽、防衛省ぐるみ
    4. 稲田氏辞任 小池都知事「スピード感なかった」
    5. PKO日報 特別防衛監察の結果・概要

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]