メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優勝は岐阜…つくばで知識と技能競う

第6回科学の甲子園全国大会で総合優勝した岐阜県代表の県立岐阜高チーム=共同

 都道府県代表の高校生が学校ごとにチームを組んで科学の知識や技能を競う「第6回科学の甲子園全国大会」が17~19日、茨城県つくば市で開かれ、岐阜県代表の県立岐阜高が優勝した。

     科学技術振興機構(JST)の主催。代表の47校は、制限時間内に四足歩行のロボットを作って坂のあるコースで速さを競うなど、3種類の実技と、筆記の総合成績を争った。2位は東大寺学園高(奈良)、3位は海陽中等教育学校(愛知)だった。

     表彰式後の記者会見で、県立岐阜高チームのキャプテンを務めた2年の高島優さん(17)は「仲間を信じてやってきた結果、この優勝に結び付き、感無量です」と喜んだ。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. いちご100% 河下水希の人気ラブコメが12年ぶり復活 4月から続編連載へ
    2. 訃報 佐藤大輔さん52歳=作家
    3. 大相撲春場所 稀勢、奇跡の2番 22年ぶり新横綱優勝
    4. 大相撲春場所 負傷の稀勢の里が優勝 優勝決定戦でも連勝
    5. 大相撲春場所 奇跡的2連勝 稀勢の里、照ノ富士を逆転

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]