メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

[今さら聞けない]歩道に半分乗り上げて駐停車してもいいの?

情報提供:カートップ

クルマはもちろんバイクなどでも違反

 路上駐車をするときに、クルマを歩道に半分乗せて停めれば、車道も塞がないし、歩行者もとおれるし、他人への迷惑が少なくなるのでは? と思いがちだが、これは立派に取締りの対象になっている。

 道路交通法には、車両の駐車方法として、「歩道や路側帯のある一般道路では、“車道”の左端に沿うこと」(第47条)と書かれている。

 つまり、たとえ駐車禁止になっていない道路であっても、上記のとおり、車道の左端に沿って駐車するのがルールであって、歩道に乗るのは違法になる。

 これはクルマ全体、車体の半分、タイヤだけ、さらに言えばバンパーやオーバーハングなどクルマの一部が歩道にはみ出すだけで、全部NGということを意味している。考えてみれば、歩道は文字どおり「歩行者のための道」。そのスペースをクルマが一部でも拝借するのはよろしくない……。

 そういう理屈はよくわかるが、クルマと歩行者の通行量を考えたとき、場所によっては杓子定規に考えるのではなく、ある程度柔軟性を持たせたグレーゾーンの方がいいような気がするというのは、ドライバーの甘えだろうか?

 いずれにせよ、ルールはルールなので、歩道にクルマを部分的に乗せて駐車するのは、本来違法行為であるということを、まずはしっかり認識しておこう。

 なお、歩道に駐車禁止なのは、クルマだけでなく、バイクや自転車にも当てはまる。「知らなかった」と違反切符を切られて後悔する前に、駐車のルールを復習しておこう。


情報提供:カートップ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 12日間限定! スタバ“幻のドリンク”が再登場
  2. ORICON NEWS 長州力『攻殻』バトーのコスプレ披露 2時間の特殊メイクに「大変でした」
  3. 選抜高校野球 大阪桐蔭が勝利 決勝は史上初の大阪対決
  4. 井戸転落 ふたに乗って一緒に落下 2~3年前まで使用 
  5. WEB CARTOP 軽自動車が売れない! 2014年をピークに販売台数が減少し続けるワケとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]