メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

ティル・フェルナー 歌曲からの再発見 シューベルト、語るピアノパート

ピアニストのティル・フェルナー=写真家・林喜代種氏撮影

 ウィーンのピアニスト、ティル・フェルナーがシューベルトに取り組んでいる。テノールのマーク・パドモアとシューベルトの歌曲集《水車屋の美しい娘》《冬の旅》を上演し高い評価を得た2月の日本公演に続き、今秋から2年かけてシューベルトのピアノソナタのシリーズ公演を日本をはじめ、世界各地で行う計画だ。

 ■   ■

 歌曲集から始めた意義を「シューベルトの歌曲のピアノパートはとても重要な意味を持つ」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1172文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです