メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝ても覚めても

続ける価値はある=冨重圭以子

 今回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次、2次リーグは、球場には行かず、テレビで見た。現場にいないから、スタンドの空気や、テレビに映らない選手の動きはわからない。でも逆に、ベンチ内の選手たちの表情は、じっくり観察できた。

 28人の選手は21歳から35歳。一回り以上も年齢差があるのに、みな一様に身を乗り出して戦況を見つめていた。走者が出て、進塁するごとにボルテージは上昇した。

 内川聖一選手が、何度も何度も跳びはねるシーンがあった。年齢でいくと上から2番目の34歳が、まるで小…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文884文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです