メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝ても覚めても

続ける価値はある=冨重圭以子

 今回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次、2次リーグは、球場には行かず、テレビで見た。現場にいないから、スタンドの空気や、テレビに映らない選手の動きはわからない。でも逆に、ベンチ内の選手たちの表情は、じっくり観察できた。

 28人の選手は21歳から35歳。一回り以上も年齢差があるのに、みな一様に身を乗り出して戦況を見つめていた。走者が出て、進塁するごとにボルテージは上昇した。

 内川聖一選手が、何度も何度も跳びはねるシーンがあった。年齢でいくと上から2番目の34歳が、まるで小…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文884文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]