メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領は「不動産王」や…

 トランプ米大統領は「不動産王」や「カジノ王」と呼ばれてきたが、米国ではセールスマンのイメージが強いのだそうだ。ファッション、食品から不動産までトランプの名前を貸すライセンス商売で、自ら商品の宣伝を繰り広げてきたからだ▲大統領が兼務する軍の最高司令官(コマンダー・イン・チーフ)をもじって「セールスマン・イン・チーフ」と皮肉るメディアもある。具体的な財源確保策を示さずに巨額のインフラ投資や減税をぶち上げる姿勢は、利点を強調するだけのセールストークに映る▲よく知られたセールスマンとの類似性も指摘される。実在の人物ではない。米劇作家、アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の主人公だ。トランプ氏は「人に好かれたい」という願望が人一倍強いと知人らが証言している。「人に好かれれば、万事うまくいく」というのは主人公の人生哲学でもある▲今年のアカデミー賞ではイラン映画「セールスマン」が外国語映画賞に選ばれた。「セールスマンの死」が劇中劇として重要な意味を持ち、米文化へのシンパシーも感じられる作品だ。しかし、監督や俳優はトランプ氏が署名したイランなどイスラム諸国からの入国禁止令に反発して授賞式をボイコットした▲トランプ氏は国内の有権者に自分の名を売り込むことには成功した。一方で世界的な米国のブランド価値を落とすような政策を進めている▲大統領令でも憲法上疑義があるなら司法が差し止めるという米国の制度に世界は敬服している。「好かれたい」気持ちがあるなら、そろそろ世界に米国の魅力を売ることを考えてはどうか。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 風知草 陸に落ちたら…=山田孝男
    2. 北朝鮮ミサイル 日本の反応に韓国メディア「大げさだ」
    3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言
    4. 特集ワイド ミサイル「危機」狂騒曲 踊らされているのは誰? 学校が「対応」のお知らせ配布 それでも原発は再稼働
    5. ひき逃げ容疑 同志社女子中高の教諭逮捕 京都府警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]