メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

森友学園への国有地売却問題 戦前回帰、共感の空気=論説副委員長・二木一夫

籠池氏優遇、国は説明を

 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題で衆参各院は23日、学園理事長の辞任を表明した籠池(かごいけ)泰典氏の証人喚問を実施する。問題が表面化し、小学校の認可申請を取り下げるまで土地取得交渉は学園の要求通りに進んだ。戦前回帰と言える学園の教育方針に共感する社会の空気が、官僚や行政機関への見えない圧力となったのだろうか。不可解な点の多い問題の背景を探った。

この記事は有料記事です。

残り2296文字(全文2489文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭
  3. IR実施法案 カジノの客、観光する? 政府は誘導丸投げ 専門家から批判
  4. 猛暑の日本列島 熱中症、3連休で14人死亡
  5. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]