メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライフスタイル

お金が増えるおまじない「だから何?」――お金が消えていく人・増える人の違いとは?(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

お金は増やせるものです。ただし、せっかく増やしても、お金の扱いかたを知らなければ、たちまち消えていきます。『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』(午堂登紀雄・著/学研プラス・刊) は、「サラリーマンの平均年収の10倍」を稼ぐ著者が、お金にまつわる43の考えかたを紹介しています。

20170317_inoue_FM01

 

「ダイエットとお金」の深い関係

‘‘お金が消える人は「ダイエットできた自分」を想像し
お金が増える人は「途中経過の自分」を想像する‘‘
(『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』から引用)

 

いつまでたっても理想の体重に近づけない人は、運動器具やダイエット食品の「効果」にだけ注目します。
誰かが「○○でダイエットできた」という事実をもとに、自分にも同じ効果があると判断するのです。

 

しかし、健康的な減量とは長期間を要するものです。ダイエット効果が事実であったとしても、それは「何ヶ月も続けること」が必須条件です。

 

お金が消える人は、「すぐに効果があらわれる」と思っています。
はじめから長く続ける気持ちがないため、あらゆるダイエット方法が成功しません。
「買う→続かない」を繰り返して、多くのお金を失います。

 

お金が増える人は、目標達成とは長期戦であることを理解しています。
だから、高額な運動器具やダイエット食品には手を出しません。
歩く距離を増やしたり、食事の糖分や脂肪分に気をつけることによって、無理のない体重調整をおこないます。

 

「お金が消える人は、プロセスをすっ飛ばして結果だけを夢見る」傾向があるのです。

 

 

「ケチ」でもお金が消えていく!?

‘‘お金が消える人は「オプションプラン」を加えるが
お金が増える人は「ベーシックプラン」で済ませる‘‘
(『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』から引用)

 

本書には、お金が増える人は「エコノミークラスでくつろぐ」「厳選した型落ち品を買う」という考えかたが紹介されています。

 

「最新」や「最上級」にはプレミアム価格が上乗せされており、品質差は少ないという事例です。

 

「お金をケチる=お金が増える」という意味ではありません。
小金を貯めることに成功しても、見栄(みえ)や無知によってお金を失うことがあるからです。

 

お金が消える人は、セールスマンの「押しに弱い」です。
保険でも新車オプションでも、他を検討せず、言われるがままに買ってしまいます。

 

お金が増える人は、セールスマンが言うことに「心の中でツッコミ」を入れています。
具体的なシチュエーションを例に、紹介します。

 

 

お金を増やすおまじない「だから何?」

結婚式を売っているブライダル業界は、基本的にリピーターがいません。
だから、一度の結婚式によって最大限に儲けようとします。
「あの手この手でオプションをセールスし、利益の上乗せ」をするために、新婦新郎の心をくすぐって、言葉たくみに魅力的な提案をしてきます。

 

‘‘よくあるトーク(1)
「せっかくですから」
→「せっかくって、具体的に何が?」‘‘
(『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』から引用)

 

追加オプションを提案されたとき、心の中で「だから何?」とツッコミを入れてみましょう。
自問自答することによって、セールストークを吟味するための心の余裕ができます。

 

「だから何?」は、声に出さないほうがいいです。
結婚式を準備してくれるウェディングプランナーは敵ではないからです。
あくまでも「セールスマンのトークに惑わされないようにする」ことが目的です。

 

‘‘よくあるトーク(3)
「一生に一度の晴れ舞台ですから」
→「私の人生の晴れ舞台は、結婚式しかないってこと?」‘‘
(『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』から引用)

 

まさに「性格が悪い人の揚げ足取り」ですが……。

 

それくらいの気持ちで「反証」したほうが、その場の空気に流されず、かえって冷静さを取り戻すことができます。

 

本書には「ウェディングプランナー」に対抗するための6種類のツッコミや考えかたが紹介されています。

 

 

最後に

本書『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』には、広い意味での「投資」に関する考えかたも紹介されています。

 

‘‘お金が消える人の結婚指輪は「ダイヤ」のリング
お金が増える人の結婚指輪は「ゴールド」のリング

お金が消える人は「デパートの大安売り」を喜ぶ
お金が増える人は「お金の大安売リ」を喜ぶ‘‘

(『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』から引用)

 

「自己投資」にまつわる考えかたは、以下のようなものです。

 

‘‘お金が消える人は「人気企業」のヒラ社員で終わり
お金が増える人は「ダサい企業」でトップになる

お金が消える人は「給料日後」に奮発するが
お金が増える人は「必要ならいつでも」奮発する‘‘

(『お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人』から引用)

 

きわめつけは、お金が消える人は「レビューを見て」本を買うが、お金が増える人は「実際にパラパラめくって」買うか判断する、というものです。もちろん、理由が説明されています。

ぜひ本書も、実際に手にとって「パラパラめくって」読んでみてください。

 

 

(文:忌川タツヤ)

 

【参考文献】

20170317_inoue_FM02
お金がどんどん増える人 お金がたちまち消える人

著者:午堂登紀雄

出版社:学研プラス

 

これからの世の中、コツコツ貯めてるだけではお金持ちになることなど夢のまた夢です。貯めるより、増やすために頭を回転させる、それがお金持ちの鉄則。格差をはね返してこれからの社会を生き抜くため、一生お金に困らない「お金の才能」を身につけましょう!

 

Kindleストアで詳しく見る

楽天Koboで詳しく見る

iBooksで詳しく見る

BookBeyondで詳しく見る

BookLive!で詳しく見る

hontoで詳しく見る

紀伊國屋書店ウェブストアで詳しく見る

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪スケート 「奈緒の金は私の金」亡き住吉さん言葉に涙
  2. 地震 防災無線 未明に大音量「セカオワ」震度4の宇和島
  3. 住吉都さん死去 小平悲痛な思い「心の支えになって」
  4. 平昌五輪2018 スピードスケート 女子500 小平、金 高め合い、寄り添う 「スケート 入ってくる感覚」
  5. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]