メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パレスチナで開業 分離壁を一望

「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」の客室から見える分離壁=共同

 ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムで20日、イスラエルが「テロ防止」名目で建設した分離壁が客室全9室の窓から見える3階建てのホテルが開業した。出資した英国の有名な路上芸術家バンクシーは「世界一眺めの悪いホテル」を売りにしている。

 ホテル名は文字通り「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」(壁に囲まれたホテル)。元は陶器製作所で、改修工事中はホテルになることは一切明かされなかった。1泊30ドル(約3400円)から利用できる。

 客室の窓からは、うねるように連なる分離壁やイスラエル軍の監視塔が一望できる。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドクさん 広島で客員教授に
  2. 絶滅種 ニホンカワウソ 2009年に目撃情報
  3. 大リーグ カブス、川崎を解雇
  4. 森友学園 森友と首相「関係ある」 松井・大阪知事
  5. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]