メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

懲役25年求刑「一方的で悪質」 和歌山地裁

 和歌山県紀の川市で2015年2月、小学5年の森田都史(とし)さん(当時11歳)が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた同市の無職、中村桜洲(おうしゅう)被告(24)の裁判員裁判の論告求刑公判が21日、和歌山地裁(浅見健次郎裁判長)であった。検察側は論告で「一方的に多数回切りつけるなど悪質」などとして、懲役25年を求刑した。判決は28日。

 公判で、中村被告は起訴内容の認否を何度も変遷させている。検察側、弁護側とも中村被告が事件時に都史さんと2歳上の兄(15)に被害妄想を抱き、心神耗弱状態だったと主張。量刑が争点となっている。

 検察側は論告で「殺意は強固で、落ち度のない都史君の生命が奪われた結果は重大。通り魔的犯行で地域社会に与えた衝撃や不安は甚大」などと指摘。「妄想の影響が一定程度認められるにしても、目的に向けて合理的に判断して行動することが十分できた。被告に重い刑罰を与えることは可能」と説明した。

 起訴状などによると、中村被告は15年2月5日午後4時14分ごろ、同市後田(しれだ)の空き地で、都史さんの頭や胸を大型ナイフ(刃渡り約48センチ)で刺すなどして殺害したとされる。【石川裕士、最上和喜】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友問題 「首相が火に油」維新・松井氏が言及
  2. 宮内庁 陛下退位後の住まい、東宮御所を検討
  3. サッカー日本代表 今野「折れていないと信じてたけど……」骨折判明にショック隠せず(スポニチ)
  4. 暴行無罪 目撃証言でっちあげ、LINEで浮上
  5. 森友学園 昭恵氏証言、市民も「必要」 100人の約8割 「反論は国会で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]