メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド碁大会

日中韓の代表棋士3人とAI、対局始まる

開幕した「ワールド碁チャンピオンシップ」で対局する本因坊文裕(井山裕太九段)。左は韓国代表の朴廷桓九段=大阪市北区で2017年3月21日午前10時半、加古信志撮影

 日中韓の代表棋士3人とAI(人工知能)代表の囲碁ソフトの4者で争う初の世界戦「ワールド碁チャンピオンシップ」(日本棋院主催)が21日午前、大阪市北区の同棋院関西総本部で始まった。3日間にわたる総当たりのリーグ戦で、初日は本因坊文裕(もんゆう)(27)=井山裕太九段=対朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(24)=韓国▽羋※廷(み・いくてい)九段(21)=中国=対「DeepZenGo」の組み合わせ…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです