メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ五回に同点打 準決勝、プエルトリコ戦

二回裏プエルトリコ2死、T・リベラが左越え本塁打を放つ=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月20日、久保玲撮影

 【ロサンゼルス細谷拓海】第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝1試合が20日、当地のドジャースタジアムで行われ、前回(2013年)準優勝のプエルトリコ(2次リーグF組1位)と同4強のオランダ(同E組2位)が対戦した。

 オランダは一回、ヤクルト所属のバレンティンの2ランで先制。プエルトリコは一回にコレアが2ラン、二回にT・リベラがソロ本塁打を放って逆転したが、オランダが五回にサラーガの適時二塁打で追いついた。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
  2. 宇都宮の爆発 監視カメラ6台増設 「爆死」後も事件相次ぎ 宇都宮城址公園 /栃木
  3. 万引き 「自分の金使いたくない」福岡県職員を現行犯逮捕
  4. 福井・中2自殺 別の生徒が不登校 同じ副担任が指導
  5. ORICON NEWS いしだ壱成、左側の顔面まひだった「今は完治をしました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]