メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

オランダ五回に同点打 準決勝、プエルトリコ戦

二回裏プエルトリコ2死、T・リベラが左越え本塁打を放つ=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月20日、久保玲撮影

 【ロサンゼルス細谷拓海】第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝1試合が20日、当地のドジャースタジアムで行われ、前回(2013年)準優勝のプエルトリコ(2次リーグF組1位)と同4強のオランダ(同E組2位)が対戦した。

 オランダは一回、ヤクルト所属のバレンティンの2ランで先制。プエルトリコは一回にコレアが2ラン、二回にT・リベラがソロ本塁打を放って逆転したが、オランダが五回にサラーガの適時二塁打で追いついた。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ
  5. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]