メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

オランダ五回に同点打 準決勝、プエルトリコ戦

二回裏プエルトリコ2死、T・リベラが左越え本塁打を放つ=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月20日、久保玲撮影

 【ロサンゼルス細谷拓海】第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝1試合が20日、当地のドジャースタジアムで行われ、前回(2013年)準優勝のプエルトリコ(2次リーグF組1位)と同4強のオランダ(同E組2位)が対戦した。

 オランダは一回、ヤクルト所属のバレンティンの2ランで先制。プエルトリコは一回にコレアが2ラン、二回にT・リベラがソロ本塁打を放って逆転したが、オランダが五回にサラーガの適時二塁打で追いついた。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『あらびき団』に不正発覚? 東野幸治&藤井隆が告発「一時はやめようという話も…」
  2. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード
  3. 元アナ逆転無罪 逮捕から4年半「失ったものは返らない」
  4. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  5. JR武蔵野線 電車のガラス2枚割れる けが人なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]