メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ五回に同点打 準決勝、プエルトリコ戦

二回裏プエルトリコ2死、T・リベラが左越え本塁打を放つ=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月20日、久保玲撮影

 【ロサンゼルス細谷拓海】第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝1試合が20日、当地のドジャースタジアムで行われ、前回(2013年)準優勝のプエルトリコ(2次リーグF組1位)と同4強のオランダ(同E組2位)が対戦した。

 オランダは一回、ヤクルト所属のバレンティンの2ランで先制。プエルトリコは一回にコレアが2ラン、二回にT・リベラがソロ本塁打を放って逆転したが、オランダが五回にサラーガの適時二塁打で追いついた。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行無罪 目撃証言でっちあげ、LINEで浮上
  2. 小池百合子都知事 TGC登場に会場どよめき 女性客ら大歓声
  3. ブルゾンちえみ TGCで成田凌&町田啓太を従え「With B」 3万人が熱狂
  4. 大相撲春場所 照ノ富士変化、1敗守る…観客から怒号
  5. 森友問題 「首相が火に油」松井氏が言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]