メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FBI

コミー長官がトランプ氏盗聴を否定 公聴会証言

 【ワシントン朴鐘珠】米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は20日、下院情報特別委員会の公聴会で、トランプ大統領が昨年の大統領選中、当時のオバマ政権から盗聴されたと主張している問題に関し「FBIも司法省も(トランプ氏が盗聴を主張したツイッターの)ツイートの内容を肯定する情報を持っていない」と証言した。

     民主党のクリントン候補の当選を妨害する目的でロシア当局者がトランプ氏陣営と関係を持っていた可能性についても、FBIが捜査していることを認めた。ただし詳細に関しては、現在も捜査中であることを理由に証言を拒否した。またFBIがロシア側に協力した米国人がいないかも捜査を進めていると明らかにした。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
    2. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
    3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    4. リニア大林組捜索 業界に衝撃 工費9兆円、巨大な利権
    5. パーキンソン病患者 病院に配車断られ…男性遺体で発見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]