メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コミー長官がトランプ氏盗聴を否定 公聴会証言

 【ワシントン朴鐘珠】米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は20日、下院情報特別委員会の公聴会で、トランプ大統領が昨年の大統領選中、当時のオバマ政権から盗聴されたと主張している問題に関し「FBIも司法省も(トランプ氏が盗聴を主張したツイッターの)ツイートの内容を肯定する情報を持っていない」と証言した。

     民主党のクリントン候補の当選を妨害する目的でロシア当局者がトランプ氏陣営と関係を持っていた可能性についても、FBIが捜査していることを認めた。ただし詳細に関しては、現在も捜査中であることを理由に証言を拒否した。またFBIがロシア側に協力した米国人がいないかも捜査を進めていると明らかにした。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南スーダン ウガンダ国境 「運命の橋」救い求め 陸自部隊、近く完全撤収
    2. ドキュメント 保育所のリアル/3 女性活躍?壁、壁、壁
    3. 雑記帳 世界有数の小麦研究機関で知られる横浜市立大の…
    4. バレーボール プロ化構想検討継続 来年4月末まで
    5. 動画広告 「ワンオペ育児」ユニ・チャーム論争の的に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]