メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外

号外の一覧

高浜原発再稼働可能に 地裁仮処分取り消し

あの「きな子」が死んだ 14歳、老衰で

試験に挑戦するきな子=香川県丸亀市の県警察犬訓練場で2010年11月3日、中村好見撮影

 警察犬試験に6年連続で落ちながらも、そのひたむきな姿が広く愛された香川県警の元嘱託警察犬「きな子」が20日、死んだ。14歳だった。丸亀警察犬訓練所(同県丸亀市)によると、老衰とみられる。

 きな子は2002年5月生まれの雌のラブラドルレトリバー。きな粉のような色の毛から命名された。警察犬になるため、04年から試験を受けたが落ち続け、ドジぶりがかわいいと人気を呼んだ。テレビや映画、書籍などで評判となり、08年2月からは県警の「特別教育隊員」にも任命された。

 10年11月にあった7度目の挑戦で見事に合格。警察犬として活躍し、13年春に引退した。娘の「こむぎ」も5度目の挑戦で警察犬試験に合格している。

 きな子が育った同訓練所の訓練士、亀山篤志さん(30)は「一緒にいる時間が長かったので、本当に残念。おとなしい犬だった。最後は眠るように息を引き取った」と話した。【待鳥航志】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
  2. 選抜高校野球 主戦三浦完投 再試合制し福大大濠初の8強
  3. 爆破予告 渋谷区役所に男から電話 建物外へ一時全員避難
  4. クローズアップ2017 雪崩8人死亡 訓練続行判断、なぜ
  5. 栃木・那須の雪崩 8人死亡 雪、一瞬で胸まで 生還生徒ぼうぜん 「無事で」祈り届かず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]