メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『昭和の店に惹かれる理由』井川直子・著

人間を主役にせず 空間と味を継いでいく

◆『昭和の店に惹かれる理由』井川直子・著(ミシマ社/税抜き1900円)

 染め分けもくっきり、布地もぱりっとした暖簾(のれん)。長いこと使われているカウンターの、頼りがいある重厚さ。地味な色調ではあるのに、とても眩(まぶ)しいものとしてこちらの目に映るもの。

 東京の鮨(すし)屋、おでん屋、秋田のバーなど、食べもの飲みものを扱う10軒の店の主(あるじ)に聞いた話から成る『昭和の店に惹かれる理由』は、その眩しさの理由を探る本だ。

 昭和の店。つまり、少なくとも30年以上は営まれているに違いない。ただ、店は、森にある木や海辺の岩と…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文925文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]