メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トッテナムのデレ・アリに悩みの種? 実の両親が契約を巡って訴訟か

情報提供:サッカーキング

実の両親が訴訟を提起していると報じられたデレ・アリ [写真]=AMA/Getty Images
 トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリは、実の両親との法廷闘争を抱えた状態で2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選に臨まなければならないようだ。イギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 報道によると、アリの両親であるデニス氏とヒケンデ氏が、同選手が16歳の時に交わしたMKドンズとのプロ契約について訴訟を提起。両氏は、両親のどちらも契約書にサインをしていなかったことはレギュレーション違反だと主張している。

 デニス氏とヒケンデ氏は、アリが3歳の時に離婚。アリは13歳の頃からMKドンズのアカデミーで親友だったハリー・ヒックフォードの家に居候をしており、ハリーの両親であるアラン氏とサリー氏を父母として慕ってきたが、養子縁組の手続きは行っていない。

 ヒックフォード夫妻はアリとMKドンズの契約書に署名をしているが、夫妻の立場はアリへの住居提供者となっている。そのことが規則に違反するとアリの両親は主張しているようだ。

 今シーズンからトッテナムのユニフォームから“アリ”の文字を外したほど、両親との関係は冷え込んでいるアリ。プライベートな問題から頭を切り替えて、代表戦に臨みたいところだ。

 イングランド代表は22日にアウェイでドイツ代表との国際親善試合に臨んだ後、26日にホームでのW杯欧州予選リトアニア代表戦を控えている。

(記事/Footmedia)



【関連記事】
●トッテナムがFWスソ獲得を検討か…イスコらの獲得失敗時に備えて
●W杯予選に臨むイングランド代表メンバー発表…デフォーが3年4カ月ぶりに選出
●チェルシーが3連勝で首位快走、マンUが5位浮上/プレミア第29節
●トッテナム、ポチェッティーノ監督を狙うパリ・サンジェルマンを警戒
【コラム】長谷部離脱で重責を担う山口蛍…大黒柱不在の中盤で託された役割

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 広島土砂災害3年 一つの墓に新婚夫婦とおなかの赤ちゃん
  2. ORICON NEWS [直虎]壮絶、“政次の一生”に「神回」の声
  3. 神宮外苑花火大会 1万2000発の光にクレーン照らされ
  4. 九州豪雨 「今、流されよう」不明の女性、知人に
  5. 広島土砂災害3年 「助けて」次は応える 会社員が消防士

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]