メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今シーズン2度目のクラシコ開催日時が決定…日本時間は4月24日早朝

情報提供:サッカーキング

前回の対戦はドローに終わった [写真]=Vladimir Rys Photography/Getty Images
 LFP(スペインプロリーグ機構)が20日、リーガ・エスパニョーラ第33節の開催日時を決定。レアル・マドリードとバルセロナによる伝統の一戦”クラシコ”は現地時間4月23日の午後8時45分、日本時間では24日の午前3時45分から行われる。

 両チームの人気が高いアジア市場を意識し、最近は比較的早い時間にキックオフされることもあったが、今回は放映権の関係などから現地時間の夜に開催することとなった。

 昨年12月3日の第14節、バルセロナのホームで行われた前回の”クラシコ”は1-1の引き分けに終わった。第28節終了時点で1試合少ないレアル・マドリードは首位、バルセロナは勝ち点2差で2位につけているだけに、今回の対戦はタイトル争いの面でもさらに注目を浴びそうだ。

【関連記事】
●首位レアルを追うバルサ、ピケは逆転優勝に自信「差はわずかだ」
●バルサ指揮官、加入後初得点のA・ゴメスを称賛「将来、大事な選手に」
●メッシがゴールデンシュー争いをリード…シーズン最多得点者は誰だ
●マルセロ、レアルでリーガ284試合出場…クラブ歴代20位タイに
●S・ラモス、ビルバオ戦は強行出場だった?…試合48時間前に点滴

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友問題 松井・大阪府知事「学園と首相は関係ある」
  2. 森友学園 「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…
  3. 選抜高校野球 「無謀なエース心中」一石を投じる機会に
  4. ツイッター 年齢制限17歳以上に 4歳から
  5. 昭恵夫人寄付 首相「辻元氏にも同じこと」否定根拠聞かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]