メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

44歳9カ月また自己新 年長記録更新「あんな感覚初めて」(スポニチ)

 ノルディックスキーのW杯ジャンプ男子は19日、ノルウェーのビケルスンでフライングヒルによる個人第24戦(ヒルサイズ=HS225メートル)が行われ、葛西紀明(土屋ホーム)が239.5メートル、241.5メートルの合計448.0点で2位に入った。昨年3月以来の表彰台で、自身のW杯最年長記録を44歳9カ月に更新した。

     勝負の2回目。飛び出しこそ低かったが、ぐんぐんと伸びた。自己最高を1メートル更新する241.5メートルでテレマークも決めた。「中盤から凄い風が来て、どんどん地面から離れていった。あんな感覚は初めて」と本人も驚く大ジャンプで個人総合首位のクラフト(オーストリア)らを上回って2位に浮上。「まさか表彰台に立てるとは。信じられない」。自身のW杯最年長表彰台記録を塗り替えて、何度もガッツポーズして喜びを爆発させた。

     今季W杯はここまで10位が最高。「このジャンプでいいのかなという不安は本当にあった」と苦しんでいた。しかし、取り組む姿勢はぶれなかった。シーズンを通して戦えるようにと夏場から走り込み、遠征中も毎朝のランニングを欠かさなかった。努力が実った約1年ぶりの表彰台。大ベテランが復調への確かな手応えをつかんだ。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 立てこもり 50代男を逮捕 9時間後、説得に応じず突入
    2. 日本遺産 萩往還は不認定 申請の3市落胆 /山口
    3. 福岡市 大きな虹、夕暮れ時に出現
    4. ペン習字 「日ペンの美子ちゃん」完全復活 受講者3割増
    5. 仙台・中2自殺 会見中アンケ確認 市、一転いじめ示唆 他の生徒「複数で」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]