メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流血「フラフラ」脳振とうも 気力でつかんだ前まわし(スポニチ)

大相撲春場所9日目(2017年3月20日 エディオンアリーナ大阪)

 北勝富士が流血しながらも気力で白星をもぎ取った。

     貴ノ岩との立ち合いで脳振とうのような状態になり、さらには右のまわしが切れてピンチに。喉輪で攻め直して、再び右で前まわしを引くと「フラフラだったけど、これだけは離してはいけない」と“命綱”を頼りに前に出て寄り倒した。右膝を痛めているが、必死の土俵を続けている。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 現金出品 ヤフオクも禁止に メルカリと同じく
    2. 津・おやつカンパニー火災 ベビースターラーメンの工場で
    3. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員
    4. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び
    5. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]