メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流血「フラフラ」脳振とうも 気力でつかんだ前まわし(スポニチ)

大相撲春場所9日目(2017年3月20日 エディオンアリーナ大阪)

 北勝富士が流血しながらも気力で白星をもぎ取った。

     貴ノ岩との立ち合いで脳振とうのような状態になり、さらには右のまわしが切れてピンチに。喉輪で攻め直して、再び右で前まわしを引くと「フラフラだったけど、これだけは離してはいけない」と“命綱”を頼りに前に出て寄り倒した。右膝を痛めているが、必死の土俵を続けている。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 秋篠宮さま「皇嗣殿下」方針 典範改正拒むかたくなさ
    2. 考・皇室 課題検証/4 「皇太子同様」どこまで 秋篠宮さま、待遇や位置づけ
    3. 眞子さまご婚約 出会って1年でプロポーズ
    4. 退位 「皇太子」称号に難色 秋篠宮さま意向で見送り
    5. 考・皇室 社会を映す/2 悠仁さまの皇位継承、見据え 人権への制約重く 秋篠宮さま「自然体で」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]