メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史の鍵穴

小山田古墳の被葬者 候補は舒明と蝦夷だけか=専門編集委員・佐々木泰造

 2年前の調査で巨大な石溝が発掘された奈良県明日香村の小山田(こやまだ)遺跡で、石室の跡が検出され、古墳だったことが確定した。2015年2月の本欄で、墳丘も石室も見つかっていない以上、古墳とは限らないと、斉明天皇の孫、建王(たけるのみこ)の殯(もがり)(仮の葬礼)の場の可能性を指摘したが、ひとまず撤回し、改めて被葬者について考えてみたい。

 今回、石溝の南約60メートルが発掘され、石室の通路両壁の土台とみられる巨石を取り去った跡と、排水溝…

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1675文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです