メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なら歳時記

大和の薬文化(御所市) 息づく先人たちの情熱 /奈良

 もうすぐ新年度。「健康に気を付けて、新たな気持ちで頑張ろう」という気持ちがわいてくる。古代より、海外からさまざまな思想や技術を学んだ奈良では、薬についても先人たちが文化を育てた。薬に携わる人たちの苦労や情熱を知ろうと産地の一つ、御所市を訪ねた。【藤本柳子】

 JR和歌山線掖上駅から南へ10分ほど歩くと、「三光丸(さんこうがん)クスリ資料館」(御所市今住)にたどり着く。「三光丸」は、運営する製薬会社の名前であり、看板商品名。4種の生薬が配合された胃腸薬で、今でも「置き薬」方式で販売される。約700年前から、米田(こめだ)一族が作り続けてきたという。「『捨てられない』家系だったようで蔵にはモノがいっぱい。充実した資料館ですよ」。館長の浅見潤さん(61)が迎えてくれた。

 米田家は鎌倉時代、御所市などで春日大社の荘園を管理した越智氏の分家筋で、興福寺ともつながりが深かっ…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1238文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです